読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KeiTie’s blog

KeiTieが気になったことを書いていくブログ♪

検索流入を増やしたいので、わたしがネット検索する理由を考えてみた

WordPress はてなブログ ブログ

f:id:KeiTie:20160513011439j:plain

前回の記事では、検索から見られやすい記事を増やせば毎日更新しなくても大丈夫だということに気付いたということをお伝えしました。

 

では、どのような記事が検索から訪問されやすいのでしょうか。

 

keitiesblog.hateblo.jp

 

 

人はどんな時に検索するのか

 

どのような記事が検索に向いているのかを考えるために、人はどんな時に検索するのかということを考えてみました。

 

よくよく考えてみると、わたしも日ごろからよく検索をしています。

ということで、自分自身に置き換えて考えてみました。

 

わたしが、googleYahoo!で検索するときはどんな時だろう?

 

  • 知らないことがあるとき
  • 困っていることがあるとき
  • お得な情報を探したいとき
  • 他人の経験・意見を参考にしたいとき

 

他にもあると思いますが、だいたいこんな感じですね。

 

 

それでは、上にあげたパターン別にどのような記事を書けばいいのか考えてみたいと思います。

 

知らないことがあるとき

知らないことがあるときに検索することはとても多いと思います。

 

最近の私でいえば、医療保険を見直したくて「医療保険 おすすめ」というキーワードで検索しました。

また、医療保険そのものについても「医療保険とは」というキーワードで検索して、調べました。

 

最近では、FPによる無料相談が受けられるようですね。 

 

keitiesblog.hateblo.jp

  

このように、知らないことを検索する人に向けて書く記事は、自分が持っている知識を活かした記事を書いていけばいいと思います。

 

自分が詳しく知っていることであれば、説明もより丁寧にできるでしょう。

 

困っていることがあるとき

困っていることがあるときもよく検索します。

 

例えば、お部屋の収納がうまくできずに困っているときや、ダイエットがうまくいかなくてつらいときなどです。

 

そんな時は、「収納 テクニック」や「ダイエット つらいとき」といったキーワードで検索します。

 

 

keitiesblog.hateblo.jp

  

このように、困っていることがあるときに検索する人に向けて書く記事は、解決方法を示すような記事を書いていく必要があります。

 

実際に自分が困って検索をしたことがあれば、その時に調べて実践してみたことを書いてみるといいかもしれません。

 

お得な情報を探したいとき

わたしたちはお得な情報に弱いですよね。

近所のお店でもお得な情報があれば、すぐに行ってしまいます。

 

検索でも同じです。

わたしは、おうちにインターネットを引くときに、どのプロバイダーが一番お得なのか、検索して調べました。

 

また、月々のスマホの利用料を抑えるためにはどうしたらいいのかということも検索するとたくさん出てきます。

 

 

keitiesblog.hateblo.jp

  

このように、お得な情報を探している人に向けて書く記事は、単純にお得な情報を紹介すればいいんです。

実際に自分が試したものであれば、より説得力も増しますね。

 

他人の経験・意見を参考にしたいとき

これは今までと少しテイストが違いますね。

例えば、友達と話をしていたり、テレビの出演者のコメントを聞いていたりして、「ちょっと考え方が違うな~」と思ったことはありませんか?

そういう時は、わたしは、ネットでわたしと同じ意見の人がいないか検索したりします。

そうして、共感できる意見を探して、自己満足するわけです。

 

また、初めての海外旅行に行くときなどは、実際に海外旅行に行ったことのある人のブログを見て参考にすることもできます。

 

 

keitiesblog.hateblo.jp

  

このように、他人の経験・意見を求めて検索する人がいるわけですから、自信をもって自分の経験や意見をブログに書いていけばいいのです。

しっかり経験談と意見が書かれていれば、検索して見に来てくれる人がいるでしょう。

 

実際にKeiTie'sブログでも時事ネタに対する私の意見を書いていたので、その記事に対して検索してきてくれる人もいますよ。

 

検索で来られるような記事を書こう

検索でブログに来てもらえるようにするためには、上にあげたような「検索する理由」に応えられるような内容の記事を書いていけばいいでしょう。

 

まぁ、検索流入を増やす!とまではいかないかもしれませんが、まずは取り組んでみたいところです。

広告を非表示にする